【シリーズ】おすすめの1冊『ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ』マーガレット・ワイズ・ブラウン

シリーズ『おすすめの1冊』第43回です。
僕がおすすめする本や、話題の本などをご紹介していきます。

今日、ご紹介するのはマーガレット・ワイズ・ブラウンさんの「ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ」。

『ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ』マーガレット・ワイズ・ブラウン

 ある春の日、「ぼく」はひとりでおばあちゃんの家に行きます。行き方は、この道をまっすぐ、まっすぐ。丘を登り、川を渡り、ついに家にたどりつきます。
 「このおうちはおばあちゃんのおうちかなぁ」

 身近だけど、新しい発見がたくさん。おっちょこちょいな「ぼく」だけど、まっすぐな「ぼく」。なごみの絵本です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【シリーズ】おすすめの1冊『希望の地図2018』重松 清

【シリーズ】おすすめの1冊「ゼツメツ少年」重松 清

【シリーズ】おすすめの1冊『メリットの法則―行動分析学・実践編―』奥田 健次

【シリーズ】おすすめの1冊『新世界より(下)』貴志 祐介

【シリーズ】おすすめの1冊『半パン・デイズ』重松 清

【シリーズ】おすすめの1冊『本を守ろうとする猫の話』夏川 草介