【シリーズ】おすすめの1冊『ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ』マーガレット・ワイズ・ブラウン

シリーズ『おすすめの1冊』第43回です。
僕がおすすめする本や、話題の本などをご紹介していきます。

今日、ご紹介するのはマーガレット・ワイズ・ブラウンさんの「ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ」。

『ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ』マーガレット・ワイズ・ブラウン

 ある春の日、「ぼく」はひとりでおばあちゃんの家に行きます。行き方は、この道をまっすぐ、まっすぐ。丘を登り、川を渡り、ついに家にたどりつきます。
 「このおうちはおばあちゃんのおうちかなぁ」

 身近だけど、新しい発見がたくさん。おっちょこちょいな「ぼく」だけど、まっすぐな「ぼく」。なごみの絵本です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【シリーズ】おすすめの1冊『魔法のコンパス』西野 亮廣

【シリーズ】おすすめの1冊『GIVE&TAKE―「与える人」こそ成功する時代―』...

【シリーズ】おすすめの1冊『おばけのおひっこし』山本 省三

【シリーズ】おすすめの1冊「ゼツメツ少年」重松 清

【シリーズ】おすすめの1冊『ノンタンおねしょでしょん』キヨノ サチコ

【シリーズ】おすすめの1冊『ハサミ男』殊能 将之