【シリーズ】3分で読めるTED『みんなが楽しく働く会社をつくる8つのヒント』パティ・マッコード

こんにちは、りゅうまです。

TEDという世界中の研究者が研究成果について発表する動画の内容を要約し、ご紹介します。

シリーズ『3分で読めるTED』第3回

 今日、ブラック企業がささやかれています。そんな中で、自分の好きなことをしよう!という方々も増えている気がします。現実にユーチューバーやブロガーなど、好きなことがしやすい環境になりつつあるのかもしれませんね。でも、会社のマネジメントが変われば、なんでもやりがいを持てるようになるのだと思います。

TED
みんなが楽しく働く会社をつくる8つのヒント
パティ・マッコード

1 社員は大人だということ
 みんなと同じことをしているだけの真似事をしに出社しているわけではない。
社員を管理するガイドラインは、人を子ども扱いしているシステムだ。社員は社会人であり、責任を背負って働きに来ている。
そして、誰もが世界を変えたいと思っている

2 マネージャーとは人のコントロールでなく、優れたチームをつくること
 規則に従っているかとか許可がいるとか、いらないとかは重要ではない。問題は顧客が満足するかということだ。

3 人は意味のある仕事をしたいもの
 職業人生は旅。40年も同じ仕事をすることはない。
終われば、出身地で企業をするとか、商品だけでなく仕事を宣伝する大使になるとか幅広く活躍させること

4 会社員がビジネスを理解していること
 ビジネスにはスピードや機敏性が大切。協働的に働くことでスピード感が生まれる。
 協働的に働くためには教え合いが最善の方法である。指標をどこにするか?よい状態とはなにか?を教え合いながら進めると、いつしか一丸となって目標に向かえる。

5 誰もが真実を扱えるべき
フィードバックで悩んでいる企業は多い。だが、そんな小難しいことではない。なんでも耳を傾けられるようにするべき。というのは、真実を率直に伝える機会がたくさんあるとよい。なんでも、即自的に褒めるだけで、その社員は積極的になるだろう。

6 会社は理念を実現しなければならない
 リーダーが理念を絶対に守ること。例えば、平等と言いながらその中身が「経営陣の3割が女性」というものでは、平等とは言えない。ほかの1部の会社に勝っているだけである。

7 スタートアップはばかげていて当然
 スタートアップのアイデアを馬鹿にする輩がいるが、逆に最初からまっとうなアイデアは、ほかの誰かがすでにやっている。

8 変化に前向きである必要がある
 右に突き進んでいて、急に左に曲がる。それに周りが「いいぞ!」と歓声を上げるようなチームがよい。「昔はよかったよな」と考えているならば、頭を切り替える必要がある。そして、今後どんなふうになるかを考え、それにワクワクする。

TED公式サイト:https://www.ted.com/
TED Talks:https://www.ted.com/talks

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【3分で読めるTED】TEDの要約記事を書いていきます!

【シリーズ】3分で読めるTED『意識とは何か』マイケル・S・A・グラツィアーノ

【シリーズ】3分で読めるTED『ポーカーの達人が教える決断の3つの秘訣』リヴ・ボ...

【シリーズ】3分で読めるTED『ティーンエイジャーの登校時間を遅らせるべき理由』...

【シリーズ】3分で読めるTED『なぜ飛べない鳥がそんざいするのか』ジリアン・ギブ