【シリーズ】3分で読めるTED『プレイヤーが物語を紡ぐビデオゲーム』デイビット・ケージ

こんにちは、りゅうまです。

TEDという世界中の研究者が研究成果について発表する動画の内容を要約し、ご紹介します。

シリーズ『3分で読めるTED』第9回

 「あなたは人生の主人公だ!」みたいなポエムってたくさん見かけますよね。心からそう思えたならどんなにすばらしいだろう。と思うわけです。今回のTEDは新しい時代の「あなたは人生の主人公だ!」をゲームを通して教えてくれます。

TED
プレイヤーが物語を紡ぐビデオゲーム
デイビット・ケージ

※インタラクティブ…双方向のやり取り。対話。

物語の新しい形

 物語はアリストテレスが「人の生き様を再現することで聞き手に感情を呼び起こすというもの」と定義しています。
 物語はその役割を果たしてきましたが、人生において言えば、物語には決して真に再現できない側面があります。それは選択することです。私たち1人1人は自らの選択によって特徴づけられています。選択することがその後の人生を一変させるものもあります。
 演劇や映画の中では作者の意図する結末が決まっていて、私たちは見守ることしかできません。そこで、私はフィクションの分野でこの選択のあり方を再創造することにしました。それは、聞き手が主人公の立場に立って自ら選択を行い、自分なりの物語を語れるようにすることです。

新しい物語の語り方(ゲーム名;『Detroit: Become Human』)

【ゲームで、コナーという男性型のアンドロイドを操作しながら場面ごとに聴衆に選択させて進める実演。《聴衆が選んだ選択肢をスタッフが入力する形式。》】

 アンドロイドがエレベーターから降りるとゲームがスタートします。歩く、見渡す、などさまざまなことが操作でき、様々な選択をすることで自分なりの物語ができるのです。
【アンドロイドが、魚が床に落ちていることに気が付く。】ここで最初の選択です。助けるが、放っておくか。
【聴衆「助ける」と声を出する。スタッフが操作し、アンドロイドはすぐ隣の水槽に戻す。】
 
 現在人質事件が起こっています。
【「娘を助けて」といいながら、女性は職員に連れられて行く。アンドロイドは、すぐに捜査を再開する。】
【隊長を見つけたアンドロイドは、自己紹介を済まして、質問をする。】
【「変異体の名前」、「変異体の行動」、「精神的ショック」の中から聴衆が「精神的ショック」を選ぶ】
【アンドロイド】「奴はなにか最近精神的ショックを受けたでしょうか。」
【隊長】「知らない、関係あるか?」
【今度は、聴衆が「変異体の行動」を選ぶ】
【アンドロイド】「以前にも奴はおかしな行動をとっていたんでしょうか。」
【隊長】「大事なことは子どもを助けることだ。」
【隊長は去る。】
【アンドロイドは移動し、右側の部屋に入る。タブレットを見つけ、見てみる。】

ゲーム終了

 今のプレイ過程は1つの選択の結果です。選択によってさまざまな結末を見ることができます。
 一方通行の作家は、時間と空間を扱えばいいですが、インタラクティブな作家は、時間、空間、可能性を扱う必要があります。そのシーンで起こりうる、無数の変数や条件可能性を想像します。そのため、映画の脚本とは比べ物にならないほどの数の脚本が必要です。
 つまり、ここでは唯一無二の経験ができるということなんです。というのも、これはコラボレーションの結果だからです。作家が筋書きの大枠を作り上げ、プレイヤーが自分なりの決断を下す。物語の共同作家かつ共同役者、共同ディレクターとなるのです。

インタラクティブな物語は物語の語り方における変革です。

 近い将来次世代の才能によってもっと感動的で意義深いインタラクティブな体験ができるでしょう。
 インタラクティブな物語は20世紀の映画のように時代を大きく変えるアートになりうると信じています。

TED公式サイト:https://www.ted.com/
TED Talks:https://www.ted.com/talks

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シリーズ】3分で読めるTED『古びた本が繊細なアートに生まれ変わる時』ブライア...

【シリーズ】3分で読めるTED『うつやPTSDを予防できる新種の薬』レベッカ・ブ...

【シリーズ】3分で読めるTED『人種差別の構造を壊す』バラトゥンデ・サーストン

【シリーズ】3分で読めるTED『宇宙が終焉する3つのシナリオ』ヴィーナス・キーズ

【シリーズ】3分で読めるTED『性教育において私たちが見過ごしているもの』スー・...

【シリーズ】3分で読めるTED『思うは招く』植松 努