【シリーズ】3分で読めるTED『平和主義者からスパイへ:第二次世界大戦の驚異的なスパイ』シュラバニ・バス

こんにちは、りゅうまです。

TEDという世界中の研究者が研究成果について発表する動画の内容を要約し、ご紹介します。

シリーズ『3分で読めるTED』第27回

TED
平和主義者からスパイへ:第二次世界大戦の驚異的なスパイ
シュラバニ・バス

スパイになるきっかけ

 スーフィーの平和主義者である両親の元で育ったヌーアは、パリに移住した後、児童心理を学びました。しかし、第二次世界大戦で生活は一変します。1940年5月にヨーロッパの荒廃を目の当たりにして、平和主義者として非暴力的に解決すべきだと信じていましたが、傍観しないことを決めました。ヌーアは英国にわたり、婦人補助空軍に志願して無線通信士の訓練を受けました。通信使は敵の陣地で目立つ送信機を運び、また敵に捕まっても誰も彼女を守りません。それでもムーアは即座に引き受けたのです。平和主義者としての原理を可能な限り守ることを決意して、さまざまな技術と知識を培いました。

活躍

 1943年6月に偽のパスポートとピストルとわずかな所持金をもってアンジェからパリに向かいました。しかし、任務開始後、数週間で仲間のスパイは全員逮捕され、ヌーアも呼び戻されました。でも、ヌーアは通信士6人分の仕事をすると説得しそこに留まりました。その後数か月間、フランスのレジスタンスを追跡して物資を届け、ナチスの活動をロンドンに報告し、連合軍に安全な通行路を手配しました。この活動はフランスのレジスタンスと連合軍のネットワークを築き、最終的には戦争を終えるために不可欠だったのです。

完璧なスパイと嫉妬

 彼女は、自身のカリスマ性と機転のおかげで何度も尋問を交わしました。列車で尋問があった時は「映写機」として説明してみせました。アンテナの設置を見とがめられた時にはラジオ音楽の愛好家を装い相手にケーブルの設置を手伝わせたほどです。4か月の任務で失敗することはありませんでしたが、その彼女の魅力が命取りになったのです。1943年10月、ヌーアを愛していた諜報員に焦がれた同僚の姉妹がゲシュタポに居場所を売り渡したのです。
 ヌーアはどんな情報提供も拒みました。そして、看守からねじ回しを盗み出し、夜間に天窓から脱出したのです。しかし、逃げ出そうとしたとき空襲警報が鳴り、追跡者に気づかれてしまいます。ヌーアは再び捕まり、ドイツの収容所に送られ拷問を受けても秘密を守り抜きました。処刑の前には「自由を!」と叫んだと言われています。

 その尊い犠牲により、ヌーアは全線で秘密裏に戦った英雄として称えられています。誰も傷つけることなく自由への道を拓いたのです。

TED公式サイト:https://www.ted.com/
TED Talks:https://www.ted.com/talks

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シリーズ】3分で読めるTED『古びた本が繊細なアートに生まれ変わる時』ブライア...

【シリーズ】3分で読めるTED『思うは招く』植松 努

【シリーズ】3分で読めるTED『みんなが楽しく働く会社を作る8つのヒント』パティ...

【3分で読めるTED】TEDの要約記事を書いていきます!

【シリーズ】3分で読めるTED『うつやPTSDを予防できる新種の薬』レベッカ・ブ...

【シリーズ】3分で読めるTED『チェロを弾く私にインスピレーションを与えてくれた...