どうする?あの人の困った行動 No.11-1―授業中の私語を止める方法―【行動分析研究所】

こんにちは、りゅうまです。

応用行動分析という学問を日常で使うための研究をしていきます。
僕の経験や聞いた話、皆さんから寄せられた話を応用行動分析の視点で分析し解決策を探していきます。

どうする?あの人の困った行動 No.11-1

行動分析研究所
―授業中の私語を止める方法―

場面

去年のララ男のクラスは、ちょっと荒れ気味でした。

キーンコーンカンコーン
昨年のララ男の担任、リリコ先生(以下リリコ先生)「はい、国語はじめるわよ。座ってー。」
クラス「ざわざわ。」

リリコ先生「授業始まってるよ!静かにしなさい!……。はい、日直号令して。」

開始10分後

海苔男くん「ねぇねぇ、ララ男。今日の給食なんだっけ。」
ララ男「え、コッペパンと野菜スープとハンバーグだよ。」
海苔男くん「ハンバーグ、楽しみ!」
リリコ先生「ララ男と海苔男は静かにしなさい。」
ララ男「(ほら、怒られたじゃん!)」
海苔男くん「気にすんなってww」
リリコ先生「聞こえてるの!?」
ララ男・海苔男くん「はい。」

5分後

おももさん「ねえ、おうめちゃん。ここわからないんだけど。教えて。」
おうめさん「ここはね、こういうことよ。」

リリコ先生「おももさんとおうめさん。何の話?」
おももさん「わからなかったから聞いただけです。」
リリコ先生「はあ~。わからなかったら先生に聞いてね。」
おももさん・おうめさん「……。」

リリコ先生は授業中のおしゃべりにはとにかく厳しいです。話し合いの時間もありますが、それ以外は手をあげて発言しないと怒られてしまいます。しかし、初めはよかったものの、9月頃から勝手にしゃべる児童が増えてきました。

10月

当初より大きな声で「静かにしなさい。」と言わなければ聞いてくれません。
クラス「ざわざわ」
リリコ先生「静かにしなさい。」
クラス「ざわざわ」
リリコ「静かにしなさい!2回目よ!!」
海苔男くん「先生、そんなに怒ったらしわが増えるよ~。」
クラス「www。」
リリコ先生「海苔男、いいかげんにしなさい!!みんなもいちいち笑わないの!」

授業中、5分おきにこんな調子です。保護者からも心配の声が広がりつつあります。リリコ先生は困ってしまいました。

解説

どうやらリリコ先生はとても熱心で、授業という場をとても大切にしているようですね。私語を見逃さず注意を繰り返しています。しかし、毎回おしゃべりをする児童を注意しても効果が薄れてきているようです。どうしてでしょうか。

リリコ先生の「注意をする」という行動は、嫌子出現の弱化です。つまり、叱ることは、児童にとって嫌なことなので、「喋る」という行動を抑えようとしているのです。しかし、10月になると海苔男くんや他の児童は関係ないことをどんどんしゃべってリリコ先生を困らせています。

リリコ先生が叱るという弱化の方法を使い続けたことで子どもたちはストレスが溜まっていきました。以前、「嫌子を使うと副作用が出る。」という記事を書きました。まさに、叱り続けることで子どもたちは耐性がついてしまい、より大きな声で複数回注意しないと聞かなくなったのです。そして、リリコ先生が褒める場面が少なかったため、良い行動が強化されなかったのです。

そして、とうとう子どもたちはリリコ先生を困らせるという行動で楽しむようになります。こうなると、リリコ先生が注意すればするほど、子どもたちがしゃべるという行動は強化されていきます。

解決策 ―無視と褒めるを使おう。―

良い例

クラス「ざわざわ」
リリコ先生「……。」
クラス「ざわ…。」シーン。
リリコ先生「自分たちで、気付いてこちらを向くことができたね!!すごーい!」

よく、先生たちがやる手法でもありますね。実は静かになるのを待つというのはとても効果があります。しかも、子どもたちもそんなに悪い印象を抱きません。リリコ先生は静かになったことを褒めることで、子どもたちの良い行動を強化しています。ただし、次はいかがでしょうか。

良くない例

クラス「ざわざわ」
リリコ先生「……。」
クラス「ざわ…。」
リリコ先生「はい、君たちが静かになるまでに3分かかりました。もう高学年なんだから、先生が前に立ったら静かにしなさい。」

もしこのように、嫌味っぽく言われるとせっかく静かにしたのにさらに叱られています。これでは、「静かにしたら、嫌味を言われる。」という学びになってしまいます。もちろん、「いやなことを言われないようにしよう。」という子もいるかもしれませんが、この気持ちは続きにくいのです。

コメント大募集!

皆さんの経験をコメント欄やお問い合わせにて教えていただければお答えすることもできます!
ぜひ、お寄せください!
 

次回

どうする?あの人の困った行動 No.11-2
―授業中の私語を止める方法②―

来週は、インターネットに掲載されている私語の解決方法を、行動分析を基にどんな手法かを分析していきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうする?あの人の困った行動 No.2-4―どうしてほしいのかを考えよう。―【行...

どうする?あの人の困った行動 No.2-1―人の行動を抑える薬、デメリット―【行...

どうする?あの人の困った行動 No.3-2―無視が使える場面ってあるの?―【行動...

どうする?あの人の困った行動NO.1-2―トークンエコノミー法で餌をまけ―【行動...

どうする?あの人の困った行動NO.1-4―強化の法則―【行動分析研究所】

どうする?あの人の困った行動 No.6―パチンコにハマる理由―【行動分析研究所】