どうする?あの人の困った行動 No.12-2―職場の悩み②―【行動分析研究所】

こんにちは、りゅうまです。

応用行動分析という学問を日常で使うための研究をしていきます。
僕の経験や聞いた話、皆さんから寄せられた話を応用行動分析の視点で分析し解決策を探していきます。

どうする?あの人の困った行動 No.12-2

行動分析研究所
―職場の悩み②―

はじめに

パワハラは本当に厄介です。何が厄介かって、仕事は好きなのにその上司のせいでなにもかもうまくいかないパターンだと思います。今の仕事は続けたい。けれど、上司にはもう限界……そんな、葛藤を抱えている人のチカラになれればいいなと思います。

今日の困り感

派遣先企業のプロジェクトマネージャーがひどいです。毎日繰り返し『死ね』と言われ、何か言い返すとお仕置き時間と称して余計に面談をさせられたりします。さすがに限界を感じました。

「派遣先企業のプロジェクトマネージャーがひどいです。毎日繰り返し『死ね』と言われ、何か言い返すとお仕置き時間と称して余計に面談をさせられたりします。さすがに限界を感じました。」

引用元:All About 会社員の悩み1位はやはり○○?ストレスランキング

※まず、言っておきますが、法的措置を取れる場合は取りましょう。専門家が必ずいます。我慢をする必要はありません。転職してもよいなら、その職場を離れましょう。僕のアドバイスは、自分で対処したい人向けです。その気力と、今の仕事を続けたい!という方が参考になるものだと考えています。

○プロジェクトマネージャーさん(以下PMさん)の行動理由を考えます。毎日繰り返しているので、何かしらの形で「死ね」と発する行動が強化されています。

パターン①

  1. Aさんを見つける。
  2. Aさんに向かって、『死ね』と言う。
  3. すっきりした気持ちになる。
    周囲やあなたに注目される。

解説

③が、PMさんが『死ね』と言うメリットです。死ねということで、ひきつるあなたを見て、上下関係を確認しているのかもしれません。もしくは、周りに注目されたい!という要求を、Aさんを利用して、満たしているのかもしれません。

パターン②

  1. Aさんを見つける。
  2. Aさんに向かって、『死ね』と言う。
  3. Aさんが言い返す。
  4. お仕置きと称して、面談が始まる。(※面談の中身はわかりません。)

解説

PMさんが、『死ね』という理由は先ほどの通りです。しかし、Aさんが言い返すと余計にひどくなってしまいます。なぜでしょうか。

おそらく、Aさんが言い返すことによって、PMさんはせっかく「死ね」と言ったのに、すっきりした気持ちを味わうことができなかった。つまり、メリットを受け取ることができなかったので、行動分析でいう「死ね」と言うメリットが消去されたということだと思います。
消去された行動は、バーストを起こします。そのバーストというは、今回でいう面談でしょう。
先ほど、味わい損ねたすっきり感でしたが、面談をすることで味わうことができるのです。

解決方法①

  1. Aさんを見つける。
  2. Aさんに向かって、『死ね』と言う。
  3. Aさんは無視をする。
  4. お仕置きと称して、面談が始まる。
  5. Aさんはその場を離れるか、面談になってもひたすら黙る、抗議を続けるなどをする。
  6. 「死ね」と言わなくなる。

解説

この方法は、「理論上は可能。」という言葉がふさわしいですね。このタイプの上司に無視を続けたり、抗議を続けたりすることは難しいでしょう。また、さらに、消去バーストがエスカレートして、あることないことを第3者に報告するかもしれません。あまり、得策ではないと思いますが、1つの方法として解説しました。

解決方法②

  1. Aさんを見つける。
  2. Aさんに向かって、『死ね』と言う。
  3. Aさんが『名誉棄損で訴えますよ。』と言う。
  4. PMさんは『歯向かうのか、罰としてこっちにこい。』と言う。
  5. Aさんが、『パワハラで訴えます。全部録音してるんで、証拠はありますよ。』と策然とした態度を貫く。

解説

この後、PMさんはAさんに何もしてこないと推測します。これは、嫌子出現による弱化を利用したものです。訴えられるデメリットは、言うまでもないでしょう。また、Aさんの態度の変化も十分嫌子としての役割をもっています。こうすることで、PMさんの『死ね』言ったり、面談させられたりするといった行動はなくなるのです。ただ、本当に訴えちまえばいいのに!…と思いましたが。


コメント大募集!

皆さんの経験をコメント欄やお問い合わせにて教えていただければお答えすることもできます!
ぜひ、お寄せください!

次回

どうする?あの人の困った行動 No.13-1
―幼児期の子どもたち―

来週から子どもへの接し方を行動分析的なアプローチをしていきます。
来週は1才の子が対象です。ハイハイしたり、歩いたりと活発な時期。でも、親からしたらやめて~と思うことまでしてしまいますよね。叱った方がいいのか、叱らない方がいいのか考えていきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうする?あの人の困った行動 No.5―逃げたいという要求―【行動分析研究所】

どうする?あの人の困った行動 No.8―メリットは大きく分けて2種類ある!―【行...

どうする?あの人の困った行動NO.1-4―強化の法則―【行動分析研究所】

どうする?あの人の困った行動NO.1-2―トークンエコノミー法で餌をまけ―【行動...

どうする?あの人の困った行動 No.9―旦那が子どもと関わるのが下手……。なんと...

どうする?あの人の困った行動 No.13-2―幼児期の子どもたち②―【行動分析研...