【レビュー】鮮やかな青色のお酒『流氷ドラフト』を飲んでみました!

こんにちは、りゅうまです。

スーパーのビール売り場を見ていると、気になるお酒を見つけたのでご紹介します!
青い発泡酒『流氷ドラフト』です!

鮮やかな青色のお酒『流氷ドラフト』

網走ビール株式会社さんが販売している「流氷ドラフト」。
オホーツク海の流氷を仕込水に使用しています。
オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトにした鮮やかな青色の発泡酒です。

「流氷ドラフト」の内容は以下のとおりです。
内容量:350ml
アルコール度数:5.0%
主な原材料:糖類、麦芽、ホップ、クチナシ色素

「流氷ドラフト」を飲んでみました

とてもきれいな青色の発泡酒。爽やかで、透き通った柑橘の香りです。
イメージとしては、透明度の高い穏やかな海といったでしょうか。そして、キレのよさは、寒い海をも思わせます。
セルリアンブルーに味を思い描くと、まさしくこんな味になるのではないかというほど青色の爽快感を演出しています。
青色のお酒と言えばブルーキュラソーのカクテルなどですが、チャイナブルーや角島ブルーなど、甘めのカクテルがほとんどです。一方、流氷ドラフトは甘さ控えめです。
もちろん、本来のビールほどの苦みはないものの徹底した柑橘の爽快感が楽しめます。口に入った瞬間と、のどを通った瞬間に透明なセルリアンブルーの香りが鼻を通ります。

まとめ

網走ビール「流氷ドラフト」は、とても爽やかで飲みやすい発泡酒です。
そして、なんといっても鮮やかな色。是非グラスに注いでお楽しみください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【レビュー】ボジョレーヌーボーロゼ 2018 ジョルジュ・デュ・ブッフ

吉野杉が香る『樽酒』を飲み比べてみました!

【レビュー】ウコンをブレンドした泡盛リキュール『うっちんちゅ』を飲んでみた!

【レビュー】日本酒と柚子をブレンドした梅乃宿酒造の『ゆず酒』を飲んでみました!