【シリーズ】おすすめの1冊『おばけのおひっこし』山本 省三

シリーズ『おすすめの1冊』第60回です。
僕がおすすめする本や、話題の本などをご紹介していきます。

今日、ご紹介するのは、山本省三さんの「おばけのおひっこし」。

『おばけのおひっこし』山本 省三

あらすじ

 おばけの5匹はとても仲良く古いビルで暮らしていました。しかし、突然ビルは壊され、すみかは壊されてしまいました。仕方なく5匹は夜になるのを待って新しいすみかを探してさまよいます。

 いい匂いにつられて、くいしんぼうおばけのプカリがここを住処にしよう!と言います。勢いよく飛び込むとアツアツのおなべが!
プカリはおしりをやけどしてしまい、おこりんぼおばけのガナリに怒られてしまいました。
 はてさて、5匹が納得のいくすみかは見つかるのでしょうか。

感想

 かわいい5匹のそれぞれのキャラがおもしろおかしく描かれています。失敗もたくさんするけれどみんな仲良しです。5匹の名前は「プカリ、ガナリ、シャナリ、ブルリ、バブリ」で性格もわかりやすいです。読み聞かせの大切なポイントですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【シリーズ】おすすめの1冊『新世界より(下)』貴志 祐介

【シリーズ】おすすめの1冊『最後の医者は桜を見上げて君を想う』二宮 敦人

【シリーズ】おすすめの1冊『フォルトゥナの瞳』百田 尚樹

【シリーズ】おすすめの1冊『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁

【シリーズ】おすすめの1冊『マンガでわかる「孫子の兵法」に学ぶ 評価される人の仕...

【シリーズ】おすすめの1冊『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海